TOPページへ

おばあちゃんの知恵袋

ここは色々な役立つ情報や知識をまとめている総合情報ポータルサイトです。
ジャンルは、「調べる」・「役立つ」・「探す」・「見つける」・「便利」・「方法」・「実用」 …などなど、
あらゆる情報を網羅していこうと思っています。リンクはご自由にどうぞ。


このページは、おばあちゃんの知恵袋のカテゴリページです。



RSSアンテナ


お知らせ
月のうさぎ管理人のうさちゃんです。 /(。=・x・)ノ コンニチハ♪
いつでも相互リンク募集中です♪
気に入ったサイトなどはこちらから勝手にリンクさせて頂いてます♪

ページカテゴリ:おばあちゃんの知恵袋

ゆで卵の殻が簡単にむけるゆで卵を作る方法

ゆで卵は美味しいのですが、殻がむきづらい場合がありますよね。
今回は、ゆで卵を楽にツルっと簡単にむく方法を紹介します。
ゆで卵の殻を簡単にむくには、いくつかのポイントがあります。
まず、ゆで卵に使う卵は、鮮度の古いものを使います。
「えっ!?」と思う方も多いと思いますが、新鮮な卵の卵白(白身)には、
CO2(二酸化炭素)がたくさん含まれています。この二酸化炭素は、
ゆで卵を作る過程で、卵を加熱すると、二酸化炭素が膨張し、
殻の薄皮に張り付いてしまって、殻がむきづらくなります。
卵には、目には見えない小さな穴が開いていて、古い卵は、
その穴から二酸化炭素が抜けるため、卵を加熱したときに、
殻の薄皮にあまり張り付かず、殻がむき易いと言う訳です。




むきやすいゆで卵を作るもう1つのポイントは、
ゆで卵を茹でる前に、卵に少しヒビを入れておくです。
これも、「えっ!?」と思う方が多いと思いますが、
殻の薄皮の間に薄く水が入り、そのまま固まるので、
殻に薄皮が張り付かず、殻が非常にむきやすくなります。
卵の殻にヒビを入れる場所にもポイントがあって、ヒビを入れる場所は、
卵のおしりの部分に入れましょう。卵のおしり部分(尖っていない方です。)
には、気室と呼ばれている空気がはじめから入っている部分です。
たまごの殻のこの部分にヒビを入れることで、白身は外に出ず、
茹でる過程で二酸化炭素も逃げていきます。後は、茹であがったら、
冷水で一気に冷やせば、ツルっとむけるゆで卵の完成です!




 

カテゴリ:おばあちゃんの知恵袋 



サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。

Copyright 月のうさぎ All Rights Reserved.