TOPページへ

原価や利益の知識

ここは色々な役立つ情報や知識をまとめている総合情報ポータルサイトです。
ジャンルは、「調べる」・「役立つ」・「探す」・「見つける」・「便利」・「方法」・「実用」 …などなど、
あらゆる情報を網羅していこうと思っています。リンクはご自由にどうぞ。


このページは、原価や利益の知識のカテゴリページです。



RSSアンテナ


お知らせ
月のうさぎ管理人のうさちゃんです。 /(。=・x・)ノ コンニチハ♪
いつでも相互リンク募集中です♪
気に入ったサイトなどはこちらから勝手にリンクさせて頂いてます♪

ページカテゴリ:原価や利益の知識

ハウスクリーニングの原価や利益のお話

ハウスクリーニングという言葉は聞いたことはあるでしょうか?
日本では割と定着してきた言葉だと思いますが、あらためて説明すると、
ハウスクリーニングとは、家庭の掃除を代行するサービスのことです。
例えば、お風呂の掃除、台所の掃除、エアコンの掃除、カーペットの掃除、
階段の掃除、窓ガラスの掃除、屋根の掃除、屋根裏の掃除、庭の掃除、
物置の掃除・・・などなど。現在社会で働く女性が増えたことで、
ハウスクリーニングのニーズも高まってきています。今回は、そんな
ハウスクリーニング業者の原価利益のお話をしていきたいと思います。


まず、ハウスクリーニングの内容を大きく2つに分けると、
普段は全く掃除しない、または掃除できない場所を特殊な掃除用具や
特殊な掃除用の洗剤を使って掃除する専門技術型(専門技術タイプ)の
掃除内容と、一般的に普通に家庭で行っている掃除機がけや部屋の掃除
などの日常的な掃除を行う家事代行型(家事代行タイプ)の掃除内容とが
あります。家事代行タイプの契約では、週1~2回、月1~2回…などの
契約タイプになってる場合が多いです。(もちろん、1回きりの契約も
ありますが…。) このハウスクリーニング料金は業者によってさまざま
ですが、だいたい週1回の請負で、1万数千円~2万円前後が相場です。




内容は、初回の申し込み時に見積もりを行い、2~3人の女性清掃員を
派遣します。女性清掃員が派遣されるのは、女性は掃除が上手いという
イメージ的なものでしょう。ただ、特殊な掃除用具を使う場合には、
男性清掃員が行うことが多いですね。それと、ハウスクリーニング業界は、
フランチャイズ店も多いです。月々のフランチャイズ料金は取られますが、
特殊な洗剤や特殊な掃除用の用具などを用意できたり、掃除ノウハウの
提供があるので、FC(フランチャイズ)加盟することは、それなりの
メリットはあると思います。それでは、原価と利益の内訳を書いて行きます。


まず、月間売上が200万円で、家事代行をメインの業務としている
FC店(フランチャイズ店)を例に挙げます。月間売上が200万円の内、
洗剤代などの売上原価は40万円。人件費は、65万円です。ガソリン代、
お店事務所の家賃、光熱費、通信費などの諸経費は、35万円です。
減価償却費は、10万円。このモデルケースだと、利益は、50万円と
なります。粗利益率は、80%です。ハウスクリーニング業自体は、
掃除用具や洗剤、そして移動に使う自動車があれば、比較的簡単に
開業できます。ハウスクリーニング事業で成功するポイントとしては、
年末年始、新シーズンがスタートする前後である3月と4月、
梅雨、エアコンを使う初夏前などの繁盛時期を逃さないことです。
それと、1度受けた仕事を確実、丁寧にしっかり行うことで、
リピーターがついたり、また、お客さんのクチコミで新規顧客を
獲得できますので、きめ細かなサービスや丁寧な仕事を行うことを、
いつも忘れないようにしたいですね。




 

カテゴリ:原価や利益の知識 



サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。

Copyright 月のうさぎ All Rights Reserved.