TOPページへ

自己都合で会社を退職しても(辞めても)失業保険金(失業給付金)はもらえるのか?

ここは色々な役立つ情報や知識をまとめている総合情報ポータルサイトです。
ジャンルは、「調べる」・「役立つ」・「探す」・「見つける」・「便利」・「方法」・「実用」 …などなど、
あらゆる情報を網羅していこうと思っています。リンクはご自由にどうぞ。


このページでは、自己都合で会社を退職しても(辞めても)失業保険金(失業給付金)はもらえるのか?についてまとめています。



RSSアンテナ


お知らせ
月のうさぎ管理人のうさちゃんです。 /(。=・x・)ノ コンニチハ♪
いつでも相互リンク募集中です♪
気に入ったサイトなどはこちらから勝手にリンクさせて頂いてます♪

自己都合で会社を退職しても(辞めても)失業保険金(失業給付金)はもらえるのか?

会社を自己都合で辞めた場合(退職した場合)、失業保険金(失業給付金)が
貰えるかどうかは非常に気になりますよね。結論を先に言ってしまえば、
自己都合で会社を辞めても(退職しても)、失業保険金(失業給付金)は、
ちゃんと貰えます!
ただし、自己都合で辞めた人が失業給付金(失業保険金)
を貰うためには、いくつかの条件があります。


【条件その1 雇用保険料を12ヶ月以上支払っている。】


雇用保険に入っていて、12ヶ月以上、雇用保険料を支払っていた人。
失業したときの保険ですから、雇用保険に入っていなかったら、
失業保険金(失業等給付金)は貰えません。雇用保険料は、
だいたい給料から天引きされているケースが多いので、
自分が雇用保険料を払っていたか分からない人は、給料明細の紙を
見てみましょう。「雇用保険料」みたいな名目で給料からいくらか
引かれていたら、雇用保険料を支払っていたことになります。


それと、雇用保険料を支払っていた期間が合計で12ヶ月以上ないと
駄目です。この12ヶ月以上というのは、過去2年間にさかのぼって
適用されますので、例えば、Aの会社で10ヶ月働き、Bの会社で
2ヶ月働いてから、自己都合で会社を辞めても、Aの会社とBの会社での
雇用保険料の支払期間の合計は12ヶ月以上となりますので、
失業給付金を貰える条件を満たします。(貰えます!)




【条件その2 失業状態にあること。】


失業状態にあること。会社を辞めてからパートやアルバイトなどを
していたら貰えません。自営業を始めていたり、始める準備をしていても
駄目です。ただし、週20時間未満のアルバイトや1日4時間以下の
内職ならばOKみたいです。(週20時間以上のアルバイトは、
再就職とみなされます。)しかし、アルバイトや内職で得た収入額に
よっては、支給される失業給付金の額が減額されたり、
支給停止になったりする場合があります。


【条件その3 申請してから3ヶ月と7日経たないと駄目。】


失業給付金は、すぐには貰えません。自己都合で会社を退職した人は、
自分の住んでいる管轄エリアにある、公共職業安定所(ハローワーク)に
失業給付金を受けるための申請した日から3ヶ月と7日経ったないと、
支給対象にはなりません。細かく説明すると、申請してから最初の
7日間が、「待期期間」。その後の3ヶ月間が、「給付制限期間」です。
勘違いしやすいのは、3ヶ月と7日経ってから申請するのではなく、
申請してから、3ヶ月と7日経たないと、支給対象にならないと言うことです。

私は過去に自己都合で会社を辞めました。その時に勘違いして、
3ヶ月と7日経ってから申請しに行って、偉い時間(3ヶ月と7日)を
無駄にしました。いま思い出してもちょっと笑えません。(苦笑)
ですので、申請してから、3ヶ月と7日経たないといけないので、
自己都合で会社を退職した人は、すぐに失業給付金を受けるための
申請をするのが良いでしょう。


【失業給付金は、いくらぐらい貰えるのか?】


受給できる1日あたりの手当(金額)を「基本手当日額」と言います。
基本手当日額は、離職した日の直前6ヶ月間の賃金を元に算出した
1日あたりの金額のおよそ、50%~80%です。(60歳から、
64歳の方については、45%~80%)。金額が、50%~80%と、
間に幅がありますが、これは、収入が多かった人は、50%に近く、
収入が少なかった人は80%に近い金額になります。つまり、貰える額は、
人それぞれです。参考までにですが、自分の場合は、前に勤めていた
会社での、直前6ヶ月間から計算した平均月給(賞与などを除く)は、約26万円で、
支給された基本手当日額は、1日あたり、約5500円ぐらいでした。
これは数年前の記憶なので、正確な数字ではありませんが、
おおよその参考にしてください。実際の正確な金額は、
失業給付金を受けるための申請をすれば、公共職業安定所(ハローワーク)が
正確な金額を教えてくれます。また、この「基本手当日額」の
計算の方法は、毎年8月1日に見直されています。


【失業給付金が受給できるのは何日間なのか?】


自己都合で会社を辞めた人は、90日間分貰えます。
失業給付金は、一度に貰えるのではなく、4週間ごとに訪れる
認定日ごとに支給されます。


【補足事項】


雇用保険の失業給付金の支給条件(受給条件)などについては、
細かいところまで全て書くと、ものすごく長文になってしまうので、
今回は大ざっぱに書いてみました。一応、自分が自己都合で会社を
辞めたときの当時に知りたかったことを思い出して、重要なものを
掻い摘んで書いてみました。もし、より細かいことを知りたい場合は、
「雇用保険受給手続き電話相談」がありますので、そちらに電話をして
分からないことを聞くか、自分の住んでいる管轄エリアにある、
公共職業安定所(ハローワーク)に電話をするか、直接、ハローワークの
窓口に行って聞くのが良いでしょう。雇用保険料を支払っていたのならば、
失業給付金は是非とも受け取りたいものですね!






 

カテゴリ:暮らしの情報、生活お役立ち 



サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。

Copyright 月のうさぎ All Rights Reserved.