top画像

月のうさぎ

ここは色々な役立つ情報や知識をまとめている総合情報ポータルサイトです。
ジャンルは、「調べる」・「役立つ」・「探す」・「見つける」・「便利」・「方法」・「実用」 …などなど、
あらゆる情報を網羅していこうと思っています。リンクはご自由にどうぞ。



RSSアンテナ


お知らせ
月のうさぎ管理人のうさちゃんです。 /(。=・x・)ノ コンニチハ♪
いつでも相互リンク募集中です♪
気に入ったサイトなどはこちらから勝手にリンクさせて頂いてます♪


新着記事

できるだけお金をかけずに英語を勉強する方法

英語という言語は、地球上でもっとも多くの国や地域で話されている言葉です。つまり、英語が話せるようになると、自分の世界がおもいっきり広がります。そのような理由から、「英語を話せるようになりたいけど、お金をかけずに勉強できないかぁ…?」と思う人はかなり多いはずです。もちろん、私もその一人でした。今回は、できるだけお金をかけずに英語を勉強する方法を教えちゃいます! 実は今の便利な世の中、英語の勉強をするには、お金なんてほとんどいらないのです。


【英語を学びたいと思ったきっかけ】


まず、私が英語を学びたいと思ったきっかけをお話します。昔、学生の頃の話ですが、東京都内の飲食店でアルバイトをやっていました。そこのお店には、立地上、英語圏の外国人のお客様が割と来るのです。毎日数人から数十人は必ず来ていました。英語圏の外国人のお客様ですので、日本語の接客用語で話しかけても、もちろん通じません。


当時は、「ここで食べて行きますか? それとも、お持ち帰りですか?」と言う意味の英語フレーズが分からなくて、片言の英単語と身ぶり手ぶりで話して、なんとか通じているレベルでした。お店側はと言うと、接客に対する意識が低いのか、外国人のお客さんが毎日来ることは分かっているのに、英語での接客マニュアルなどは作っていませんでした。自分は、「世界一サービスの良い国と言われている日本」に誇りをもっていたので、外国人のお客様に対して、「きちんと英語で接客したいなぁ。」と思っていました。


思っているだけでは何も変わらないので、思い立ったら行動です。まずは、英語の話せる友達に、お店で普段使っている日本語の接客フレーズと同じ意味の英語の接客フレーズを教わました。(同時にそのフレーズの発声・発音も教わりました。) 当時、英語の話せる友達に教わった接客フレーズをいくつか書いてみますが、例えば、

  • 「いらっしゃいませ。(Welcome.)」
  • 「こちらでお召し上がりになりますか? それともお持ち帰りですか?(To eat here or to go?)」
  • 「こちらがメニューです。(Here's the menu.)」
  • 「ただいまお伺いいたします。(I'll be right with you.)」
  • 「申し訳ございません。クレジットカードは使えません。(I'm sorry. We don't accept credit cards.)」
  • 「誰か、英語の話せる方はいらっしゃいますか?(Dose anyone here speak English?)」

…などなど。そして、お店に外国人のお客様が来られたときにその教わった英語の接客フレーズで話してみたらちゃんと通じてとても嬉しかったです。


英語をもっと学びたいと思ったのは、このことがきっかけでした。接客英語だけでなく、例えば、「街中で外国人さんに英語で道を聞かれたら、ちゃんと英語で親切に教えてあげられるようになりたい!(英語で道案内したい!)」、「日本に旅行に来た外国人さんに、日本の文化やオススメを英語で教えてあげたい!」、「日本に来て困っていることがあったら、解決策を教えてあげたい!」…などなど、英語で話したいと思う内容はいくつもありました。


でも、当時はお金のない学生だったので、「できるだけお金はかけないで英語を勉強できないかなぁ…?」と思っていました。英会話スクールなんかも料金が高いですし… 前述していますが、英語の話せる友達は近くにいましたが、毎回、無償で何度も尋ねるのは気が引けるし… でも、ちゃんとありました! できるだけお金はかけないで英語を勉強する方法が! それでは、後述で、できるだけお金はかけないで英語を勉強する方法を紹介していきます。


【テレビとインターネットを利用する!】


英語を勉強する(英語を習得する)には、普段から英語の環境に触れていることが大事ですよね。海外の英語圏の国や地域に留学するのも一つの手です。留学したら、英語が話せるようにならないと現地での生活がしづらいですしね。しかし、留学は意外とお金がかかります。多くの人は、日本に居ながら、できるだけお金をかけずに英語を学びたいと思いますよね。実は、ほとんどお金をかけずに、英語に触れていられる環境を手に入れる方法があります。


それは、テレビとインターネットを利用することです!
まず、テレビを利用する英語の勉強方法から説明いたします。


[テレビの利用]

テレビから流れる音声には、主音声と副音声の切り替えができる番組があります。新聞やネットのテレビ欄を見ると、「二か国語」や「主/副」、「副音声あり」など、音声の切り替えができるという意味あいの表記があります。それらの番組を利用し、英語を学ぶのです。いちばんのオススメはなんと言っても、NHK(NHK総合)のニュース番組。報道されるニュースの内容は、日本国内で起こったニュースがほとんどですので、英語の音声を聞いていてもなんとなく意味がわかります。しかも、放送中のほとんどで日本語のテロップも表示されていますので、大変便利で役立ちます。英語の音声でニュースを放送してくれているのは、NHK総合だけではなく、他の民放でも放送していますので、気になる方は、テレビ欄で二か国語放送の番組をチェックしてみてください。


とにかく、毎日、毎日、英語でニュースを見ているだけですが、これだけでも、なんとなく英語がわかってきますし、ヒアリング力も大幅に向上します。番組を録画しておけば、好きなときに好きなだけ繰り返して見ることができるのも魅力です。録画しておいた場合は、最初は日本語で見て、二回目以降は、音声を副音声に切り替えて英語で視聴することが出来、英語の勉強にはもってこいです。


あと、テレビで放映される映画番組も、「二か国語」での放送がほとんどですので、そちらも英語の勉強に利用できますよね。映画の番組の方も、レコーダーなどの機器に番組を録画しておき、最初は日本語で見て、二回目は音声を副音声に切り替えて英語で視聴するなどすれば、こちらも英語の勉強になりますよね。


[インターネットの利用]

次は、インターネットを利用する英語の勉強方法です。テレビで英語のニュースを見る(聞く)ことは、前述した通りですが、インターネットを使えば、海外のニュース番組(ニュース動画)を無料で視聴できます。もちろん、海外のニュースなので、音声は全て英語です。インターネット上には、このような海外のニュース番組を無料で視聴できるサイトがたくさんありますので、それらのサイトを利用して、英語を学ぶと言う訳です。それでは、インターネット上で、無料で視聴できる海外のニュースサイト(海外のニュース動画が視聴できるサイト)を次の項目で紹介します。


【海外のニュースサイト一覧(リンク集)】


以下、インターネット上で、無料で視聴できる海外のニュースサイトの一覧(リンク集)です。


海外のニュースが見れる動画サイト一覧
サイト名とURL
サイトの説明
サイト名:Reuters.com
URL:http://www.reuters.com/news/video
※注意※ サイトへ訪れるとニュース動画の再生が始まり、
いきなり音が鳴るのでパソコンの音量に注意してください。

ロイターのニュースサイトです。
サイト名:Bloomberg TV
URL:http://www.bloomberg.com/tv/
※注意※ サイトへ訪れるとニュース動画の再生が始まり、
いきなり音が鳴るのでパソコンの音量に注意してください。

ブルームバーグのニュースサイトです。
主に、経済や金融関連のニュースが中心です。
サイト名:BBC News
URL:http://www.bbc.co.uk/news/video_and_audio/
※注意※ サイトへ訪れるとニュース動画の再生が始まり、
いきなり音が鳴るのでパソコンの音量に注意してください。

BBCのニュースサイトです。
サイト名:CNN.com
URL:http://edition.cnn.com/video/
※注意※ サイトへ訪れるとニュース動画の再生が始まり、
いきなり音が鳴るのでパソコンの音量に注意してください。

CNNのニュースサイトです。
サイト名:CBSNews
URL:http://www.cbsnews.com/video/
※注意※ サイトへ訪れるとニュース動画の再生が始まり、
いきなり音が鳴るのでパソコンの音量に注意してください。

CBSのニュースサイトです。
サイト名:CNET
URL:http://cnettv.cnet.com/
※注意※ サイトへ訪れるとニュース動画の再生が始まり、
いきなり音が鳴るのでパソコンの音量に注意してください。

CNETのニュースサイトです。
サイト名:AFPBB News
URL:http://www.afpbb.com/video/
※注意※ サイトへ訪れるとニュース動画の再生が始まり、
いきなり音が鳴るのでパソコンの音量に注意してください。

AFPBBのニュースサイトです。
各動画は、公開後、数日経ってから、
英語のナレーションと日本語の字幕が付くみたいです。



【インターネットで英語を学べるサイト一覧(リンク集)】


インターネット上には、無料で英語を学べる(勉強できる)サイトがいくつかあります。以下、インターネット上で、無料で英語を学べる(勉強できる)サイトの一覧(リンク集)です。


無料で英語を学べる(勉強できる)サイト一覧
サイト名とURL
サイトの説明
サイト名:Yahoo!学習(英語学習)
URL:http://stepup.yahoo.co.jp/english/
Yahoo!JAPANが運営している
無料で英語を学べるサイトです。
サイト名:THE EIKEN TIMES(日本英語検定協会)
URL:http://www.eiken.or.jp/eikentimes/
日本英語検定協会が運営している
無料で英語を学べるサイトです。
サイト名:スペースアルク
URL:http://www.alc.co.jp/eng/
アルクが運営している
無料で英語を学べるサイトです。
サイト名:EnglishCentral
URL:http://www.englishcentral.com/
EnglishCentralが運営している
無料で英語を学べるサイトです。
有料コースもありますが、
無料でも十分すぎるほど英語を勉強できます。

【その他の英語の勉強方法】


最後に、テレビ放送やインターネットを使わない、その他の英語の勉強方法を紹介します。これはちょっとだけお金がかかる方法ですが、映画のレンタルDVDでなどを借りて、視聴する方法です。映画のDVDは、吹き替え版や字幕ありがほどんどですので、最初は日本語音声で映画を見てから、その後に音声を英語に切り替えて、視聴すると勉強になります。








サイト内検索





当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。

Copyright 月のうさぎ All Rights Reserved.